1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

ビジネス、心理、マーケティングを軸にいろいろなニュースや事象を分析します


プロフィール

なおゆき

Author:なおゆき
Web広告代理店でシステムエンジニアをしています。
セルフイメージはProblem Analyzer(問題を分析する人)。

このブログでは、IT を中心に
新ビジネスのニュースや現場でよくある問題について
分析します。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

Category: リーダーシップ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

こんなトップが堕落する?
最近、IMF のトップが逮捕されたことをうけて、
Wired Vision でこんな記事が載っていた。

権力者はなぜ「堕落」するのか:心理学実験

権力を持った人は、視野が狭くなり、偽善になりやすい、など、
残念なことになるらしい。
その原因について記事とは異なる観点から分析してみたい。



まず、「堕落する」、「堕落しない」ではちょっと分かりにくいので
「節度を失う」、「節度を保つ」と言いかえて考えてみる
(辞書で堕落の意味を調べてこの言葉を選んだ)。

企業であれ、政治的な組織であれ、どのような組織でも
トップは A「組織が生み出す付加価値を最大にしよう」とする。
節度を失うにせよ、保つにせよ、これは共通していると思う。

D´「節度を失う」のは、B「トップダウンで独裁的にマネジメントする」ためだと考える。
このとき周りにトップをいさめる人がいないだろうから。
そして、B「トップダウンで独裁的にマネジメントする」のは、A「組織が生み出す付加価値を最大にする」ため。
下の意見は各々の立場からくるものだが、全体を把握しているのはトップだけかもしれない。
スピードが最重要ならトップダウンの方がやりやすいだろう。

D「節度を守る」のは、C「みんなで協力してマネジメントする」ためだと考える。
このとき周りにトップをいさめる人がいるだろうから。
そして、C「みんなで協力してマネジメントする」のは、A「組織が生み出す付加価値を最大にする」ため。
やはりトップは現場を直接見ることができないので、現場の意見は重要になる。
さらに異なる立場から得た意見は、集合知となるだろう。

これらを構造化したのが、下記の図になる。
トップの堕落・コンフリクト
(なんだかリーダーシップ論ぽくなってきたか?)



B, C, D, D´の各要素の間でどのように対立が生じるか、
そしてどのように解決するか、仮説を立ててみたい。

■D⇒C
・思い込みを導き出す質問
「節度を失う」と、なぜ「みんなで協力してマネジメント」できないと思うか?
  →周囲の人は人間性を疑って、本音で協力しなくなるから。
  →権力に魅せられると、それを誇示したくなるから。

・解決策を導き出す質問
「節度を失う」ことで、「みんなで協力してマネジメントする」ことは本当にできないか?
  →プライベートにも踏み込んで、友人として接してもらう。
   弱さとしてみとめてもらったり、度が過ぎたらいさめてもらったりするかも。
  →権力は借り物で、トップは役割を果たしているにすぎない、と考える。


■D´⇒B
・思い込みを導き出す質問
「節度を保つ」と、なぜ「トップダウンで独裁的にマネジメント」できないと思うか?
  →節度は人を謙虚にするから。

・解決策を導き出す質問
「節度を保つ」ことで、「トップダウンで独裁的にマネジメント」ことは本当にできないか?
  →権力は借り物で、トップは役割を果たしているにすぎない、と考える。
   (D⇒Cの2番目の解決策と同じ)


■D⇔D´
・思い込みを導き出す質問
「節度を失う」と「節度を保つ」は、どういうときに対立するか?
  →私的ではない、公共の場にて対立する。

・解決策を導き出す質問
ある条件では「節度を失う」、別の条件では「節度を保つ」というルールで両立できないか?
  →公私の区別をはっきりさせる。
   特に「ワタクシ」の範囲は家族と親しい友人にとどめる。


■B⇔C
・思い込みを導き出す質問
「トップダウンで独裁的にマネジメントする」と「みんなで協力してマネジメントする」は
なぜ両立できないか?
  →それぞれの場合で、組織の人々がまったく異なるマインドを持つから。
   ex. 言いなりに命令を実行する⇔自立して命令に反対意見を言う、など。
  →スピード感が全くちがうから。

・解決策を導き出す質問
「トップダウンで独裁的にマネジメントする」と「みんなで協力してマネジメントする」は
本当に両立できないか?
  →No idea...

トップダウンとみんなで協力の対立は、ありがちなテーマなので色々なところで語られているかも。
うまいことミックスした方法がないか、アンテナをはっておこう。

スポンサーサイト

テーマ : こんなん見つけましたvv    ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。