1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
  09 ,2011

ビジネス、心理、マーケティングを軸にいろいろなニュースや事象を分析します


プロフィール

なおゆき

Author:なおゆき
Web広告代理店でシステムエンジニアをしています。
セルフイメージはProblem Analyzer(問題を分析する人)。

このブログでは、IT を中心に
新ビジネスのニュースや現場でよくある問題について
分析します。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: マーケティング

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ソーシャルメディアは○○の欲求
2、3週間くらい前のことだろうか。

Facebook 講習会のあと、飯島さんと飲んだ。
(いつも通り)二人で IT 業界について熱いトークを交わした。
そして、ソーシャルメディアやシリコンバレーから見て
時代が変わりつつある、という話になった。

感覚的にだが、個人の能力を伸ばす「レバレッジ」から
「シェア」へ移行したのではないか、という考えを伝えた。

「それはあるかもしれないですね。
 今の時代分析をしてくださいよ」

この質問が僕の胸にひっかかっていた。



まじぃ、Facebook ページを作らないと…
3日前に僕は焦っていた。

10/10 に Read For Action という読書会の企画を立てた。
しかし、集客の準備をまだ何もできていない。
集客のレターやら、動画やらを考えてみたのだが、
どうにもピンとこない。

感情を揺り起こすには、物語りが大事かなー、
という漠然としたカンから物語構造論を参考にした。

偶然にも2、3週間前に頼まれた時代分析の答えがあった。



まず、この10~20年くらい(?)をマーケティングとマスメディアについて
独断と偏見で振り返ってみたい。

車やら家電製品がほとんどの家庭に行き渡った。
これはモノの時代が終わったことを意味する。

これについてマーケティングが考えたことは
まだ眠っている消費を掘り起こすことだった。
マスマーケティングからダイレクトマーケティングへトレンドが変わった。
さらにインターネットの登場、ITのコモディティ化によって加速した。

その結果はセグメントの細分化だった。


マスメディアでも同様のことが起きた。
ケーブルテレビの登場だ。

多くの専門チャンネルを保有するので
他の人が見ているような気に入らないコンテンツを見る必要がない。
IT 回線との抱き合わせ販売によって、その裾野は広がった。

その結果は価値観の多様化だった。

さらに言うと、テレビのコンテンツを作成する力が弱まった。
コンテンツのパッケージ化(どこを見ても同じような番組)と
安いコンテンツの垂れ流し(クイズとお笑いと韓流ドラマ)による
テレビ番組の劣化だ。

今年は、それが露呈した年でもあった。
原発報道におけるテレビへの反感、
そして記憶に新しいアンチ・フジテレビのデモだ。




セグメントの細分化と価値観の多様化は何を生んだか?

ここで物語構造論の考え方を借りる。

むかーし、むかしはコミュニティ(村)の伝承や伝統があった。
ときどき旅芸人のような人たちが来て、若者たちは異なる価値観に触れた。
しかし、一定数が抜けるものの、
ほとんどの若者が自らコミュニティの伝承・伝統を選んだ。

この考え方を10~20年前について当てはめて類推する。
コミュニティの伝承に該当するのはマスメディアが提供する
映画、ドラマ、広告だったと思われる。
それが細分化すると何が起こるか?
マスメディアが結び付けていたコミュニティの崩壊である。



マスメディアが結び付けていたコミュニティの崩壊は何を起こすだろうか?

マズローの5段階欲求を引き合いにしたい。
マズローによると下から、
1. 生理的欲求
2. 安全の欲求
3. 所属と愛の欲求
4. 承認の欲求
5. 自己実現の欲求
という欲求があるそうだ。
コミュニティの崩壊は、3番目の欲求「所属と愛の欲求」が失った状態になる。

これは人が愛を求めることと同じくらい基本的なレベルの欲求だ。
だからこそ、多くの人がソーシャルメディアにはまるのだと考えられる。



結論を一言で述べると、
ソーシャルメディアにはまる理由は「所属と愛の欲求」である。

スポンサーサイト

テーマ : マーケティング    ジャンル : ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。