1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

ビジネス、心理、マーケティングを軸にいろいろなニュースや事象を分析します


プロフィール

なおゆき

Author:なおゆき
Web広告代理店でシステムエンジニアをしています。
セルフイメージはProblem Analyzer(問題を分析する人)。

このブログでは、IT を中心に
新ビジネスのニュースや現場でよくある問題について
分析します。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: ビジネス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

優良企業の成長が止まるとき
同僚とお昼ご飯を食べていたら、
「昔は楽しかったな~」
と言われた。若干の疲労感を漂わせながら。

なぜかと聞くと、イマイチ原因がよく分からないらしい。
昔と現在の違いを掘り下げていくと、
製品数と人数が増えてから楽しくなくなってきたとのこと。

これって成長してきた優良企業が普通の企業になる
典型パターンなんじゃないかという考えが浮かんだ。



最初は小さいチームで1, 2 個くらいの製品を担当する。
アットホームな雰囲気がありながら、自由、かつ、前向きに挑戦する風土がある。
次第にビジネスが伸びてくると、トラブルが発生する確率が大きくなる。
とくに IT 業界で言うと、サーバなどの機器の量が増えてくる。
トラブルなく運用できる確率は、単純に考えれば{1-機器のべき乗}で低下する。
他にもソフトウェアの機能が増えると、さらに正常稼働する確率は低下する。

対策を打ちたいのだが、人はべき乗で増やせない。
製品のつくりなどを抜本的に見直し、再投資したいところだが、
経営者がお金を出すことをしぶることはよくあるし、
抜本的な作り直しによるリスクを避けたいという意図もある。

となると、製品的には実質的な対策は打たれず、
上層部がとる対策は細かくマネジメントすることに落ち着く。
自分がコントロールできる(気がする)からというのも理由だろう。
現場からすると、これがつまらない職場のハジマリだ。

チームは細かく分割される。
上からのツッコミを嫌がるので、現場は守りに入る。
余計なリスクを背負いたくないので、互いに助け合わなくなる。
その結果、雰囲気はギスギスしたものになる。
上はイライラして、さらに細かくマネジメントする。
(ボロボロになるまで無限ループ)




こんな仮説を話したら、納得されてしまった。
どうも想像した通りらしい。
エンジニアからするとせつない話だねぇ。

さて、どうしたものか。

アイディアはあるのだが、最近は違うことに興味があるので
頑張る気になれないんだよな(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ    ジャンル : ビジネス

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。