1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

ビジネス、心理、マーケティングを軸にいろいろなニュースや事象を分析します


プロフィール

なおゆき

Author:なおゆき
Web広告代理店でシステムエンジニアをしています。
セルフイメージはProblem Analyzer(問題を分析する人)。

このブログでは、IT を中心に
新ビジネスのニュースや現場でよくある問題について
分析します。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

Category: ビジネス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

【実況中継】ブログの記事をPrezi でプレゼンする~(3)~
ストーリー化する前に気づいたことをメモ。

・オープニングがすごく大事

たたき台を作って、すごく失敗したと思ったのがこれ。
ヒーローズ・ジャーニーではヒーローは基本的に受け身なのだそうだ。

    誰かに頼まれて、事件を解決したシャーロック・ホームズ。
    トラブルに巻き込まれて、困難を潜り抜けたルーク・スカイウォーカー。

個人的な好奇心ではじめてしまったので、
フィクションな設定をつけてひきこむやり方がよかったと思う。


・ストーリーの展開はベタベタに序破急で

ストーリーテラーとして経験がないぼくのような人間は、ベタベタな構成に頼るのが吉だと思う。
できるだけしょうもない理由から初めて、小さな課題を一つずつ解決していく。
それぞれがやがて大きな絵の一部となって収束していく、というのはミステリーの常套手段だ。
今回はたまたまそれっぽい構成になっていて、問題の構造ではよい感じにもりあがった。
(気がする・・・)

一方で途中の過程は、伏線ぽく何かをにおわせておくのもアリだったんじゃないかな、
と無いものネダリを考えてしまう(笑)。


・トピックが切り替わるときは、予告で引きこんで大きく動かす。

自分でスライドを再現して気づいたのだが、序破急といえども次の答えが見えてしまうと面白くない。
とくに小さな課題が解決されるたびに、次へのフリだったり、次回予告!てきなヒキがあると楽しい。

で、トピックが変わると話の展開が動くので、
それを予期するかのごとくダイナミックな動きをすると派手なのにもかかわらず違和感がない。
てゆーか、楽しい。


今日はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ    ジャンル : ビジネス

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。